3月のサービスコーヒー豆。 March Coffee Beans

ひところはかなり雪の積もっていた山中温泉ですが、かなり溶けて、今は問題なくお越しいただけます。

さて、3月のサービス珈琲豆はブラジル トミオ・フクダ DRY ON TREE 樹上完熟乾燥珈琲です。

皆様どうぞお試し下さい。

名前の通り樹上にて完全に乾燥するまで完熟したドライチェリーを100%使用することがコンセプトです。

樹上にて赤実(チェリー)の状態から約45日間かけて、摘み取られる間際までたっぷりと栄養を吸収し、甘味を保持したままの状態で完熟乾燥されます。

ドライチェリーの状態で収穫後、木製貯蔵庫(トゥーリャ)に保管され45日間寝かされます。

樹上で完熟乾燥されて甘味が増し、貯蔵庫でドライチェリーのまま寝かせることでさらに熟成されます。

通常200g1,100円のところを、今月は980円でご提供いたします!

Tomio Fukuda(トミオフクダ)氏
ブラジル日系2世。1984年から農園を始め、93年よりコーヒー栽培、生産に特化している。品質を重視した農園管理、工場管理に取り組んでいる。セラード地区は基本的に非常に雨は少ないものの、意図的に水を与えないようにしており、水をやらないことにより樹の根が水分を求めて約6mと深く伸びている。したがって樹(根)が強く、甘味とボディ(コク)のあるコーヒーができる。また、品質面から木々の疲れを考慮し、毎年生産エリアを変えるなどの取り組みも行っている。
氏がサンパウロの日本企業で数年間勤務していた経験から、5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)を取り入れており、特に工場はメンテナンスが徹底されている。最新の電子選別機やディスカスカード(水洗式精選工程)の設備も導入しており、研究熱心であるとともに常にマーケットの動向に関心を持っていることが伺える。
氏の持論は、良いコーヒーを作ることは勿論「ユーザーの求めるコーヒー作り」を心がけており、スペシャルティーコーヒーに対しても非常に認識が高い。

原産国 ブラジル
生産地域 ミナスジェライス州 セラード
生産者(農園) Fazenda Bau(バウ農園)
品種 ムンドノーボ100%
標高 1,100m
味覚レベル
甘み  ★★★★☆
酸味  ★★★☆☆
苦味  ★★☆☆☆
コク  ★★★★☆

March Special Coffee Beans is “Tomio Fukuda “DRY ON TREE.

200g JPY980.

 

Follow me!

コメントを残す