12月のサービス珈琲豆。

12月のサービス珈琲はグアテマラ サンタ・リタ農園です。

サンタ・リタ農園は、1878年開業の家族経営のコーヒー農園で、グァテマラでは最古の農園の一つです。 標高は1400~1800m、栽培品種はブルボン種中心であり、大半が樹齢100年近い歴史ある農園です。

コーヒーの木々はシェードツリー下の日陰栽培で成長し、今日ではレインフォレスト・アライアンスの認証も受けています。

標高1400m以上の高地にある為、寒暖の差がはげしく、個性のある力強い味を兼ね備えています。

そのカップは、キレのある酸味、甘味をともなったフレーバーが特徴です。

 

原産国 グァテマラ

生産地域 チマルテナンゴ パッツン ニカン村

生産者(農園名) サンタ・リタ農園

品種 ブルボン100%

精製方法 Washed

認証 レインフォレスト・アライアンス認証

おすすめ焙煎度 ハイ

浅煎り←□□■□□→深煎り

味覚レベル

甘味 ★★★☆☆

酸味 ★★★★☆

苦味 ★★★☆☆

コク ★★★★☆

 

 

Follow me!

コメントを残す